旧正月が終わり、グランヒラフを滑る

仕事でパソコンばかりいじっているので定期的な運動は欠かせない。

普段の冬なら日々の除雪でかなりの運動になるのだけれど今冬は、はて何回除雪をしただろうと考えてしまう小雪だ。

 

昨日は昼前に少し時間があったのでグランヒラフへ。

 

11時だったがセンターフォーには乗車に5分かかる程度の行列。

そのまま第三へ。今度は待たない。寒すぎてみんな登らずに滑り降りるのだろうな。

リフトを降りて1000mヒュッテ。建物裏の若いダケカンバはまだ埋まっていない。第4の斜面も低木だらけ。

今シーズンはこのまま雪解けかな。先週来たときと比べて雪質はだいぶ良くなっていた。

 

今冬は数える程度しか滑っておらず、テレマークスキーの私には太ももが辛い。

今週は少し滑る回数を増やそう。楽しい。

 

今シーズンはアジア系の初心者がさらに増え、滞在中に一度しかゲレンデに出ない人が増えたという。

旧正月明けというタイミング、そして新型コロナウイルスの影響もあるにせよ、第三リフト近辺の難しい斜面が空いているのは初心者が多いことも関係があるのかも知れない。

 

久々の運動をして思った通り調子が良かったので今朝は氷点下12℃の中、散歩する。

太陽をあびることができる冬(翻って小雪の冬)は、滑りの楽しさは減るけれど体調は良い。

道ばたの畑は秋の枯れ草がまだ埋まらずに過ごしていた。困ったね。

 

 

2020年2月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です